Apple Watch Series4 心電図 即レポート〜設定編〜

Apple Watch Series4 心電図 即レポート〜設定編〜

私の持っているApple Watche Series4で心電図機能が解禁になりましたので、設定までのレポートを載せます。

始まり

まず、私のApple WatchはSeries4で米国で購入しています。
米国のAppleストアで購入したのですが、日本のストアより高く・・・
トホホ〜日本で買えば良かった〜と思った矢先の出来事でした。

ん?なんかアイコンできている・・・・

ふと、Apple Watchを見たら、なんか心電図っぽいアイコンが突然できています。クリックすると「iPhoneのOSを最新にしてください」とのこと。
急いでiPhoneのOSを最新の iOS 12.1.1 にアップデートしました。

心電図 起動!!

まず、Apple Watch側から心電図アプリを起動します。
すると・・・

なるほど。

iPhoneでヘルスケアを開けとのこと。

ヘルスケアアイコンクリック時

ヘルスケアアイコンをクリックすると心電図Appの設定画面が自動で表示されました。Apple WatchとiPhoneとの連動はいつもビビります。すごい。

生年月日入力

生年月日入力をしろとのこと。
今回アプリで必要な設定は生年月日のみでした。

ふむふむ
洞調律というのが正常らしい。

いろいろと、説明が記述されています。
「続ける」ボタンを押下。

免責事項的なものをよく読み「続ける」をクリック!!

いよいよ計測

いよいよ計測ができるようです。
Apple Watchの画面を見てみると・・・?

く、くるのか??

来ました。心臓が動いています。
あとは、クラウンに指を添えること30秒。

計測完了画面

無事に計測できました。
むしろ初回にワクワクして心拍おかしくなってないか心配。

iPhone画面

iPhoneにも設定完了のメッセージ画面が表示され、これにて設定は無事に完了。

結果も無事に見れました。

まとめ

ということで、設定編はここまでです。
今後、使用編としてどう使えるかをレポートしていきます。
特に私は、HIIT(高強度インターバルトレーニング)で心拍数を180まで上げることがありますので、その際にどうなるかは期待高いです。

以上、内容記事が気に入ったらシェア、お気に入り登録をお願いします。